前へ
次へ

インターナショナルスクールと大学受験の関係

義務教育は親が子供に教育を受けさせる義務とされています。一応地域ごとに公立小学校と中学校があるので、通常は子供にそれらの学校に通わせれば義務を果たせるでしょう。ただ子供の将来を考えると公立の学校では少し物足りないと感じることもあります。少しお金はかかるものの私立の小学校や中学校に通わせてより優秀な大学に進学させたいと考えるかもしれません。さらにインターナショナルスクールで英語力をつけていればより大学進学もしやすくなるとの考えもあります。確かにインターナショナルスクールに通って高校課程まで学べば英語圏で生活するのに苦労しない英語力が身につきます。ただ高校課程を終えたから日本の大学に入学できるとは限らず、スクールによっては受験資格が得られない可能性があるので注意が必要です。また日本の大学の受験用の勉強もスクールでは行ってくれないので、自分で塾や予備校などに通う必要があります。その一方で英語力を使える入試を用意している学校もあり、そちらには入学しやすいメリットもあります。

Page Top